ダウンロード方法

Twinmotion を始めましょう

利用可能なプラットフォーム

Windows 64-bit 及び macOS

グラフィックカード

6 GB 以上のメモリ

動作環境を見る
予想されるファイルサイズ

23 GB

ダウンロード時間予測

15 分*

* 10 Mbs 以上の接続の場合ダウンロード時間はより短い可能性があります
 
1

Epic Games Launcher を開く

ランチャーから Twinmotion にアクセスします。
 

ランチャーをダウンロード

Epic Games Launcher をまだインストールしていない場合、Twinmotion にアクセスするためにランチャーをダウンロードしてインストールする必要があります。

もしくは

既にランチャーをインストール済みですか?

既に PC に Epic Games Launcher をインストールしている場合、ランチャーを開いて Twinmotion をダウンロードします。
 
2

Twinmotion のインストールと起動

ランチャーを開いたら、Epic Games アカウントにログインするかアカウントを作成して Twinmotion にアクセスします。ログインしたら、Twinmotion タブに移動して、インストールボタンをクリックすると最新バージョンのダウンロードが始まります。
 
 
3

互換プラグインのダウンロードとインストール

CAD や BIM ソフトウェアからプロジェクトをインポートする予定ですか?互換プラグインページをご確認ください。Archicad、Revit、SketchUp Pro、Rhino、RIKCAD からの 1 クリック同期のためにデザインしたプラグインがあります。(Vectorworks では 1 クリック同期が内蔵されているためプラグインの追加インストールは必要ありません)シーン全体をエクスポートできるその他さまざまなパッケージ向けのエクスポーターも用意してあります。
 

よくある質問 (FAQ)

一般情報

Twinmotion は現在のところ、Windows 7、8、10 (64 ビット)、macOS 10.14.6(およびそれ以降) のシステムでご利用いただけます。
サポート コミュニティ サイトのTwinmotion 動作環境記事をご覧ください。
Twinmotion には、ワンクリックで Archicad、 Revit、SketchUp Pro、 Rhino(Grasshopper含む)、RIKCAD、Vectorworks と直接同期させる機能が備わっています。また、3ds Max、Form-Z、Navisworks、SolidWorks から uDatasmith フォーマットを介してシーン全体をインポートすることができます。関連プラグインは Twinmotion プラグイン ページ からダウンロードできます。(Vectorworks のサポートは内蔵されています)

また、FBX、SKP、C4D、OBJ、3DS、DAE、DXF、EV、LW、LWB、LWM、LWO、LWS、LXP、PLY、STL、WRL、WRL97、VRML、X 形式によるファイルをインポートできるため、実質的にあらゆる 3D コンテンツ作成プログラムからデータを取り込むことができます。
いいえ、Twinmotion を使うために、Unreal Engine  を導入しなければならないということはありません。

ライセンス

Twinmotion を非商用目的で無期限で試用するか、自分や自分の会社のためにフル機能バージョンにアップグレードしましょう。